事例紹介

複合レジャー施設

案件概要

クライアント・部門 金融機関依頼、担保評価
サービスメニュー 鑑定評価
業務内容  対象不動産は静岡県の富士山の麓に存する大規模なレジャー施設である。付近にはサファリパーク等他の施設も存する。近年のレジャーの多様化等により、既存施設のリニューアルや、小規模な温泉施設や旅館等の新設の可能性が推測される。周辺においては、2000年7月に御殿場インターチェンジ近くに「御殿場プレミアムアウトレット」がオープンしたが、これは遊園地「小田急御殿場ファミリーランド」の跡地に建設されたものである。

担当者後記

 工作物・機械器具等については評価対象外でしが、約280,000㎡の敷地に約120の建物が点在しており、所在の確認だけでも一苦労でした。また、富士山の2合目に位置しており、天候の変化が激しく、日中でも晴れ→曇り→雨→雪→晴れ→曇り→雨→雪→、の目まぐるしい繰り返しで、最後は大雨となりました。